MIT の とーしろアグワ 

Made In Taiwan           台湾発アクアブログ
カテゴリ:生体-コリ・ナマズ・ローチ( 74 )
まだまだ、暑いっス、、、

先程水槽を見たら、ドラスがこんな格好で(↓)、
e0072757_18535213.jpg

うだってました、、、 水温見ると32度。 って、今年の最高水温ぢゃない?
まだまだ、暑い日が続きます、タイワン。。。
ここ数日は27、8度で落ち着いていたのでもうファンは要らないかな、と
思ったけど、そう甘くは無いのね。
やはり、水量のない水槽は温度に敏感です。 デカい水槽が欲しいなあ。
んで、ファン回して足し水して29度にまで戻るとちょっと落ち着いた模様。
e0072757_1923975.jpg

アタマ隠してシッポ隠さず、、、 相変わらず触ると痛そうなトゲトゲ・・・
あまりズボラな飼育してると、このシッポでビンタされそう。。w


それから、もう1件。。。
メイン水槽で、ゴールデンハニードワーフグーラミー♂がパホパホと泡を吹き
出して巣作りしておりました。。。 でも、よりによってロイファロ稚魚を隔離して
いる産卵箱の中で巣作りせんでも・・・ ココに巣を作られても困るので、アミ
持って移動させようと近寄ると自分でポチャンと飛び跳ねて産卵箱から脱出。
でも、産卵箱付近から離れようとしません、、、
e0072757_19132100.jpg

産卵箱の陰から ぢぃぃぃぃっっと、コチラを眺めております。
んで、角度を換えて見てみても、、、
e0072757_19142988.jpg

コイツも移動して、やっぱりコチラをぢぃぃぃぃっっと観察しております・・・・
コイツ、絶対産卵箱に戻って巣作りするつもりやな!! (怒

で、ロイファ稚魚の点呼を取ってみましたが、残り2匹っ?
コイツ稚魚食ったか。。。???
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-29 19:19 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
それをやったらダメなのよ。。。

15日の記事で、コケと前向きに向かい合って、強く生きていこうと書きました
が(そこまでは、書いてなかったっけ?)、まだ何日も経っていないというのに
やってしまいました、、、 我慢ならんくて。。。(落

ホントはね、子供連れてこの週末は泊りがけで夏休み最後の思い出つーことで
遊びに行く予定にしてたのね。 ところが、息子に行かせてる来年に控えた中学
入試の為の進学塾で、3回連続で赤点取って帰ってきたんで、父ちゃん、もう
スパルタンX。。。(ナンノこっちゃ?) つーことで、息子缶詰で猛勉強させるため
予定はパー、、、 1分1問x50問 を6セットで2日間。 「ぢごくの算数マシーン化」
作戦決行しました。 算数は考えるより反射的に、、、ってなんかのマンガに書いて
たしね。。。(笑 ←笑いごとぢゃねぇよ!!  で、まあ、先程死者も出ず、無事終了
いたしました、、、 ツ、ツカレタ、、、

んで、コケのハナシに戻ります。。。
子供に算数問題やらせてる間、自分だけPS2やってる訳にも行かないんで、
ぼーっとコケ、、、ぢゃなかった、水槽見てたんですが、やっぱ気になるんですよ
ね、コケが。 で、先日レスにチロっと書いたんだけど、コケを生かしたレイアウト
を考えようと、コケのトリミングをはじめ、石の位置をいろいろ変えたりしてたら
ソイルからゴミや潰れたソイルの粉が朦々と舞い上がり、コケも、どばばばばっ
と今まで見たことないくらいの胞子(?)を放ち、それはもう地獄絵図、、、

これは、一旦全て取り出してソイルの汚れを吸い出さないと無理だな!!! と、
朦朧としたアタマで判断し、全部取り出してプロホースでガシガシと、、、

で、今考えるとトンデもない事なんですが、頭に血が昇り判断力は全く無くなって
たのでしょう、ほとんど何も考えないまま水を抜き、サカナを取り出して風呂場で
ソイルをガシガシ洗ってました、、、、 と、取り返しのつかない事をしてしまったのは
昨晩(土曜の夜)のこと。

ソイルをごしごし洗ったのだから、当然のごとく真っ白に煙る60Wのライトが10cm
先にも届かない玉手箱のような水槽、、、 当然サカナを水槽に戻す事も出来ない
まま一夜が明けました。。。  朝、見てみると水槽は少しマシになっておりましたが、
サカナを隔離したバケツの周りには、、、 クラウンキリーが4匹とマクロフタルムスが
2匹、そしてエビさんがいっぱい飛び出してカラカラになっておりました。。。
水草を浮かべてるから大丈夫と半分しかフタしてなかった。。 ごめんよ、、、

自分のバカさ加減に後悔しながら、3分の1の水換えをし、少し濁る水に苦労しながら
石を並べて、2時間置いてから汲み置きの元の水と取替え落ち着くのを待ってようやく
水草とサカナを投入。。。 砂煙が立つのが怖くてソイルを均してないし、水草もおそる
おそる植えてるんでメチャクチャですけど、とりあえずコケはほぼ撤去、、、

そして、自分のおバカを戒める為に、そのすぐ後の様子を記録。。。
e0072757_1354072.jpg


水槽でピロピロ元気に泳いでくれるパウキラディアートゥスが唯一の慰みです、、、
e0072757_1371388.jpg


元気でいてくれて良かったよ、、、
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-21 01:38 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
流木をとっ換えてみた。。。

一昨日、ちょっと怖い思いをしたドラス水槽、、、 で、どうやったら目で見て
寂しくない水槽で、しかも安全にドラスに過ごして貰えるのかマジ悩みました。

とにかく、小さな流木は好き勝手に移動されるのでヤバイから撤去。水草も
ひと暴れで全部抜けてしまうならあんまし意味が無い、、、



そして、導かれた結論は、、、



ああっ、メンドクセーから明日にしようっ!!
つーことで、昨日はブログの更新もせず、バリバリバリュー見て寝ましたっ(笑

そして、本日一通り仕事片してから手を着けるも考えがまとまりません。
とりあえず、、、 そう、植木鉢だ!! ドラスのおウチを作ってあげよう。 と、家庭菜園
で唯一の焼き物の植木鉢をミニバラさんから拝借して、ハンマーでゴンっと。
そして、シノドン水槽から30cm以上ある我が家で一番デカイ流木を頂いてと、、、

↓で、とりあえず、こんな感じに、、、
e0072757_0261975.jpg


ん?植木蜂はどこに。。。 って? うーん、いいところに気付いたねぇ。
割るの失敗して粉々に砕けてしまいましたっ。 つーことで、植木鉢は無し。
ミニバラはどうすんのよっ!! って、クレーム入ってますのでミニバラ用は
明日にでも買いに行って参ります、、、 ああっ、メンドクセー。。。

んで、肝心のドラスさんは、思惑通り(?)流木の下に隠れて出てきません。
底にわざと隙間を作っているので生死の確認は出来るでしょう、、、

↓ こんな風に、、、
e0072757_0345861.jpg


おそらく、本人はおひげだけがピロンとこちらに出ていることは気付いていない
はず、、、(笑

でっ、お気に入りの流木を取られてしまったシノドンティスさん、、、
かなり怒ってます、、、 
e0072757_0375225.jpg

カンベンして下さいよ、、、替わりに草植えたったやんかぁ。
で、ご機嫌直して貰う為、ピンセットでアカムシをデリバリーしてあげました。
e0072757_0402363.jpg

したら、ここから動きません。。。 今日はもう終わりなんで、明日また食べに
来てくださいね、、、

<そして、10分後。。。>


いや、アンタしつこいねん、あっち行けっつーの。。。
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-19 00:44 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
いったい、ナニがあったんだ。。?

昨日の記事にはコメントいっぱい頂いてありがとうございました。
コケネタって、皆さん苦労されてるだけあって、さすがに食いつき
宜しいようで。。w

こちらでは、盆休みなんてないんで、今日もお仕事。 つっても
最近は自宅で悶々と仕事してるわけですけど、、、

んで、昼過ぎ。 仕事部屋でお仕事していると、、、、突然、ガンッ!!
バキッ、ベキッ、ビシャビシャッ とトンでもない音がしたので、
慌てて水槽を見に行ったのですが、、、

水槽が割れた訳でもなく、サカナが飛び出した訳でも無い、、、
ただ、床はかなり濡れており、その元はドラス単独水槽とシノドン
のいる水槽の模様。。。? いったい、ナニが???

ドラスの水槽をよく観察してみると、元々こんな感じでしたが(↓)
e0072757_0275984.jpg


ベアタンクになっていた部分に砂が溢れ、水草ゾーンの後ろ部分の
水草は引っこ抜かれ、流木も全然違う場所に全然違う方向で、
しかも一部枝が折れている、、、
e0072757_0305859.jpg


んで、肝心のドラスは。。? 流木の下に頭突っ込んで寝ているだけ。。?
寝ぼけて暴れ、それにビビッた隣りのシノドンが水を跳ね上げただけなのか?
アカヒレはなんかオドオドしてますけど、、、

ナニがあったのかはナゾですが、この流木では簡単に動かせてしまうので
ダメということなのでしょうか。。。 んでも、すんごい力だね、、、
これが50cmとかになったらどうなるんだぁ??
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-17 00:37 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
干潟・・

昨年の7月にこーゆー記事にて台湾の台中県にある高美湿原という
干潟を紹介したことがあるのですが、本日はこことは別の彰化県にある
王功という干潟に遊びに行って来ました。
e0072757_2253012.jpg

子供が夏休みの研究課題とかを提出しなくてはならないので、イロイロ考えたの
ですが、こんなとこしか思い浮かばないよ・・・ とーちゃんタイヘン^^;
ここは岩ガキの養殖が盛んで、果てしなく続く干潟にひたすら養殖用の竹を組んで
作られた柵が続きます。
e0072757_2301881.jpg

んで、子供の課題そっちのけで、アミとバケツ持って泥まみれになってはしゃぐ
おやぢが独り・・・ 子供は泥に足を入れるのもイヤらしくバカなオヤヂをボーっと
眺めておりました。。。 ピピピっと跳ねるマッドスキッパーを追いかけたり、カニを
取ったりするのって楽しいのに、今の子供には理解できんのか。。?
ココはあまり観光地では無いのでトイレや水道は3kmも先、、、あまりにもドロドロ
の為、せっかくの収穫(後で全てリリースしたので)も写真無し。
と、思いましたが、上の写真を拡大してみたらピンボケですがこんな方が写って
おりました^^
e0072757_237157.jpg

結構距離があるのに姿が確認出来るのは結構デカいから?

んで、泥まみれで喜ぶ親父を上から見下ろすヨメの「ツマランから早く帰ろ」の
冷たい一言でたった1時間半でココを後にすることに・・・ 

せっかくだから、と言うことで近くで名産の岩牡蠣(ガンモにフライに炒め)と
なぜか近くで養殖されてるナマズのスープを頂いて帰る事に・・・

で、ナマズのスープを頂きながら考えた。。。
アマゾンの方では、デカいナマズは食用にされてるらしいけど、ドラスって
食ったらうまいのかな。。?

そして、帰宅後・・・・・

飼い主のヤバイ邪念を察知したのか、ドラスさんは・・・
e0072757_2474774.jpg


流木と化して、ミニぶっしの吸い付きに耐え忍んでおりました。。。
ごめんョ、ドラスさんっ
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-06 02:49 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
ユメ ノ ナマズスイソー

実は、我が家には5月3日に導入してから、まるっと3ヶ月間一度も
このブログで紹介されていないおサカナがおりまして本日はそれを
紹介しようかと。。。

前々回の記事にて巨大なロングノーズ・ブロキスさんをお連れでき
なかった経過をお話ししましたが、他のおサカナの為に水槽を仕立て
るならば、それより先にコイツの水槽を準備してやるのが義理ってモン
だろうってことで、見送ったという理由もあったのです←ヘンナイイワケ?

↓ で、いきなり写真を初公開 註)クリックで原寸大とほぼ同じ大きさ
e0072757_23134898.jpg


写真で見て解る方も多いと思いますが、この種類では最大種である
”オキシドラス”(Pseudodoras Niger)です。
図鑑等でも1Mを超える最大種と紹介されております。
そして、長寿であり 東京タワーの水族館では25年以上飼育されて
いるそうです。

そのドラスを今まで紹介しなかったのにはいくつかの理由があります。
その最大の原因は大型種で長寿のサカナであるため、アクアリスト
としての責任である 「飼うなら最後まで面倒を見る」という保証を
自分で持てない事。 これについては自分の中で様々な葛藤が
ありましたが、飼えるところまで飼ってみて、本当にダメな時には
店で引き取って貰える事を約束した上で我が家に来る事になりました。

ここまで読んで、責任も取れないのにひどいヤツだと、気分を害された
方もいるのではないかと思いますが、現在ショップにある3Mある特大
水槽には50cm強のアロワナ数匹と70cm級のレッドテールキャットと
60cmのオキシドラスがいて、ワタシが連れて帰ったサイズのドラス
を放り込むと瞬く間に彼らのエサになってしまうことを追記しておきます。
あと、無責任と言われようと超大型ナマズの稚魚を自分の手で大きく
育てる事は以前からの自分の夢であり、その誘惑に勝てなかったと
言う事も。。。

で、現在は、こんな環境で飼育しております。
e0072757_23551840.jpg


5月3日に導入時のサイズは6.3cmでロリカリアのいるメイン水槽で
飼い、あまりの大人しさに毎日口元までピペットでアカムシ等のエサを
デリバリーしておりましたが、10cmを超えた頃から夜間水槽内を
エサを求めて徘徊する様になり、7月2日に導入したグリーンペンシル
10匹の内、飛び出し事故の1匹を除いて全て捕食してしまった事から
(その時15cm)、 7月16日にコリをメインに飼っていた60スリム水槽
からコリをメイン水槽に移行しドラスの単独飼育水槽としました(17cm)。
そして、本日に至る訳ですが現在20cmを越えるまでに成長しています。
e0072757_042985.jpg


成長は比較的ゆっくりであると言われますが、エサは与えれば与えるだけ
全て食べるのでそのペース配分が解らずかなりのハイペースで成長させ
てしまいました。。。 この単独水槽も早くも手狭な感じがしています。

いつかはもっと広い水槽に色んなナマズ入れてゆっくり泳がせてやりたいな、と。

機会があれば今後もコイツを紹介して行きたいと思います。
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-05 00:19 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
新コリ・・・  

現在ぷーたろの為、生活苦しいので新規導入を控えておりましたが、
外出時にたまたま通りかかったいつものショップで。。。
(目的地といつものショップは正反対の方向である事は内緒^^;)

この暑さですから、ショップも維持タイヘンみたいで、サカナさん達も
結構クタバっておりました。。。
で、ウロウロしてたらいつものニーチャンが、

「そろそろ来ると思ってた」 ←ウソつけっ 1ヶ月ぶりやど!!
「メンテ終了して明日から店頭に並べるコリが居るんだけど、
見てみる?」
と言われ、メンテ水槽が並ぶ店の奥に連れて行かれる。。。

んで、最初の水槽でいきなりド肝を抜かれる・・・
だって、90cmに10cm超えのロングノーズ・ブロキスが20匹も
入ってんだもん、、、 しかもどれも10cm以上で、最大のは
14cmくらいのが5、6匹。。。 ド迫力っス(笑  

「10匹、1万円でどう?」
「って、10匹セット売りなの、コレぇ?」
「いや、店長が間違って大量に仕入れたけど、こんなの好きなの
アンタくらいだし。。。(爆 」

んで、我が家にコイツらがやってきて底をハグハグしている姿を
想像してニヤニヤしながら眺めていたが、、、
冷静になって考えると、コイツらをお連れする為には新しく水槽を
立ち上げなくちゃいけないし、見れば見るほど人相の悪い野鯉に
見えてきたよ。。。 どーみても、コリぢゃないっ
危なかった、、、冷静になれて良かった。
勢いで連れて帰っていたら、多分トンデもないことに・・・^^;

つーことで、ブログのネタ的にはおいしい黒光りするヤツラを尻目に
順番に見ていくと、前から欲しかった方達がいたので、お連れする
ことに。

e0072757_22262383.jpg


写真手前から3番目の方。 イルミネートゥス・ゴールドさんの後ろの
方で、 イルミネートゥス・グリーンさんっス。

白い底砂の関係でゴールドのように色抜けする可能性高いので、
色抜けしない内に(んでも、グリーンのラインはまだ出てない)
写真に収めておくことに。。w

e0072757_22333553.jpg


3匹お連れしましたが、ゴールドさんに釣られてエサ場のど真ん中で
エラそうにバフバフしてますっ^-^

やっぱ、コリってエエよなあ。


 
[PR]
by screwdriver-III | 2006-08-01 22:37 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
死んだフリ?

前回、ロイファロが卵を産んでから2週間強、稚魚が孵化してからも
1週間と2日が経過しましたが、♀は一向に次の産卵を行う気配すら
見せず、水槽前にへばりついてエサを待っている毎日。。。

♂は少し疲れてきたのか、前回産卵の場所でスタンバってる時間も
短くなり、エキノの上でサボってる(?)時間が増えてきました^^;

イカツイ顔のおっさんが、ぢ~っと水槽をずっと覗いてるからドン引き
してるのかもしれんなあ。。。 ちょっと期待せずに気長に待ってみる
ことにしたいと思います(笑

つーことで、本日のネタは。。。 ん~、、、

先週末、50cm水槽を大掃除し、レイアウトをちとばかしイヂって
みました、、、 こんな感じに・・↓
e0072757_22512157.jpg


そしたらね、気に入ってくれたのか、それともよっぽどイヤで生きていく
気力すらなくなったのか、シノドン達はエサ食ったあと、、、
e0072757_2255474.jpg


なんか、ずっと逆さまで。。。 しかも、2匹揃って。。。w
んで、1匹(元デカ)は人間が近寄ると腹を見られるのがイヤなのかパッと
逃げるんだけど、もう1匹(元チビ)はピンセットで腹を突くまでそのままの
状態で動きまへん・・・

死んだ様にしか見えんよ。。。
で、なぜかココで動画を^^ → 題して”ザ・水死体”
[PR]
by screwdriver-III | 2006-07-31 23:02 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
金ピカ君。

60メインを紹介する時いつもちょろちょろ出てきてるけれど、一度もちゃんと
した紹介をしたことがなかったCo.イルミネートゥス・ゴールド。

「コリドラス大図鑑」(マリン企画 小林 圭介著)には
ペルー産の未記載種としてこう説明されている。

" 「イルミネートゥス・ゴールド」と呼ばれるコリドラス。
派手な体色を持つが改良品種ではなく、自然下に生息
する原種である。 ph5.0前後の軟水を好み、飼育は
やや難しく、できれば本種のみでの飼育がおすすめ"

この子らを連れて来た理由は単純にもクロッソロリカリア・ラミーと同じドイツ便
のペルーからやって来たと言う事だけで、実は他には何の理由もなかったり
するんだけど、今のところ混泳もうまくいっておりココに書かれている様な飼育
の難しさというのは全く感じさせない。 ウチの場合むしろステルバイの方が
飼い主を困惑させるくらい、、、

成体で4-5cmくらいのショートノーズらしい活発なコリであり、エサ取りも
他のサカナ達に負けたりする事もない模様。 水槽内で病気が蔓延した時も
全く平気で、まわりの弱ったサカナ達を尻目にエサをバクバク食べていた、、、

って、ゆーか、お前らエサ食い過ぎっ!!!! 何やねん、その腹は、、、
e0072757_0502910.jpg


腹デカ過ぎて、着地状態でアゴも、ヒレも宙に浮いてるし、、、
連れて帰った時は2cm弱のひ弱な感じだったのに現在4cm弱。 成長も早い。
砂が白く体色は薄いが、毎日お肉のフルコースなのでヒレのゴールドと背中の
ゴールドはきれいに出ており、導入当初の”もしかして、色抜けしたアエネウスか?”
と言う不安は取り除かれたが、、、

でも、何だかんだ言っても、この水槽では唯一の派手めの子たちだし、アクセント
的にも水槽をにぎやかしてくれてます。 また、プレコやロイファロの妙にデカイ
○ンチを結構具合よくかき混ぜてくれるので、底床の活性化に一役かっている、、、
かもしれない(笑 

e0072757_142753.jpg


で、結局ナニが言いたいのか、、? 

と、言うと、カワイイんです、コレ(ぽっ)←バカ飼い主
[PR]
by screwdriver-III | 2006-06-20 01:08 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ
ピロピロ系

今日は昨日導入のアスピドラスをご紹介。
以前飼っていたイメージではアスピドラス・パウキラディアートゥスは
中層をピロピロ舞っているピロピロ系。

ずっと、こんなイメージ↓
e0072757_23323960.jpg


でも、今回のはちょっとイメージが違う感じ。 ずっと底をほじほじしてて、
動きもキビキビ。 

でわ、イメージと違う今回の動きを見ていただきましょう。

きびきびアスピドラスさん^^

まだ水槽に馴染んでないだけならいいんだけど、ちょっと心配。
元気はあるんだけどね。。w
ま、しばらくはこのまま様子見の方向で。。。
[PR]
by screwdriver-III | 2006-06-12 23:39 | 生体-コリ・ナマズ・ローチ


by screwdriver-III
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク (エキサイト以外)
熱帯魚と水生植物
s-nobさんブログ おnew
熱帯魚と水生植物
s-nobさん旧ブログ
ブロっコリみなとさん
おさかな日記けんこさん
AQUARIST(´,_ゝ`)…フッ
奇妙な魚に囲まれて
スカーレットジェムさん
La♪ギンマグロ!!
ワルモノさん
独りよがりなアクア日記
おまつさん
熱帯魚に泳がされ・・・
でむちんさん
love fish !pukuさん
ROYAL&CROWN
RKOさん
あたたかなおさかな
きりゅうさん
熱帯魚と・・・ bluefinさん
---------------



検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧